【ワイサック】世界遺産・ボロブドゥール寺院遺跡群の仏教大祭の旅行記。一人旅でも安心!

バリ島・インドネシア情報

こんにちは!インドネシア大好きライターのKunyです。

インドネシアが大好きで元バリ島在住者であり、現在は会社員ノマドとして日本で暮らしています。

私は、インドネシアで住みたいエリアがジャワ島の古都、ジョグジャカルタ(Yogyakarta/Jogjakarta)。バリ島とは異なる高貴で穏やかなエネルギーを感じます。

今回は、バリ島、ジャカルタから飛行機で1時間のジョグジャカルタ郊外の世界遺産・ボロブドゥール寺院遺跡群(Borobudur)で開催される仏教大祭 “ワイサック” 、別名 “ランタン祭り”について記事にしました。

バリ島の会社員の祝日システムにも少し触れつつ、旅行記として楽しんでいただけましたら幸いです。

ワイサックとは?

釈迦の生誕を祝う日です。インドネシアでは”Hari Raya Waisak・ハリラヤ ワイサック”と表記され、毎年、5月の満月が仏教徒の祝日となります。

インドネシアではヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、仏教で祝日が異なります。

何故か仏教祝日だけ年1回のこの日のみ。

私はインドネシアの職場で仏教徒と申請していたので、毎年この日は連休申請して休むようにしていました。(職場ではどの宗教でも、同じ年間祝日数が付与されます)

また、契約時にTHR有ならば、各宗教で最も重要な祝日がボーナス月(THR:基本給の1か月が目安)。仏教徒の私ははこの時期にボーナスが振り込まれていました。

仏教大祭・ワイサックとは?

釈迦の生誕を祝う為に行われる、仏教徒最大の宗教行事。

インドネシアの祝日と同じく、仏教寺院で5月の満月に行われます。

  • ジョグジャカルタ・ボロブドゥール寺院遺跡群
  • 京都・鞍馬寺

*鞍馬寺はウエサクとも表記されていますが、五月満月祭とされ、釈迦生誕の直接表現はされていません。

その他、ネパール、タイなどでも開催されている様です。

バリ島の仏教寺院では目に見えるお祭りはないですが、この日は参拝者でとても賑わっています。

私は、ワイサック時に鞍馬寺、ボロブドゥール寺院遺跡群、バリ島仏教寺院でも参拝しています。

なかでも、ボロブドゥール寺院遺跡群では、盛大に宗教行事が行われます。

当日は早朝からムンドゥッ寺院で僧侶と信者の儀式、午後は僧侶や信者がボロブドゥール寺院へ向かう行進・パレードが行われます。

ボロブドゥール寺院を参拝し、夜には幻想的な満月とランタンの夜空を観ることができます。

仏教大祭・ワイサック参加方法

旅好きさん、旅慣れさんは個人手配を希望されると思います。

この行事は、現地とつながりの強いツアーに参加することを強くお勧めします。

広範囲での1日がかりの行事です。食事、移動交通手段を考えるとツアー参加が効率良くメリットだらけです。

私は、Javanava Travelcafe で申し込みました。

メール、申し込み後のチャット対応は、全て日本人による日本語。

内容、対応すべてにおいて心地よく完璧でした。

WEBサイトはコチラ→ Javanava Travelcafe

余談ですが、WEBページで、旅の相談・見積ページを見るとどれもわくわくするような面白い内容。オーナーの奥様は、日本で旅行業に従事されていたそうです。実際にお会いしましたが、説明等含めてとてもユーモアのあるお人柄でした。

ツアー参加価格と含まれるもの

ツアー料金は、Rp.995,000(1人 / 日本円で約9,950円)。

*2023年、Javanava Travelcafeさんの料金です。

現地通貨なら現地銀行、日本円なら日本の銀行へ振込可能。

<含まれるもの>

  • ワイサック参加料
  • ボロブドゥール寺院入場料
  • ムンドゥ寺院入場料
  • 相乗り車(英語ドライバー、ガソリン、駐車場代込)
  • 英語観光ガイド
  • 昼食・夕食

*ホテル、保険等は含まれません。

破格ですね!

ボロブドゥール寺院へ訪問すると、Rp.450,000 (4500円以上)します。(ITAS・インドネシア居住ビザなしの場合)。

寺院内での特別イベントにも参加でき、食事、車も含まれると個人手配よりお得です。

私が参加した時は幸運にも、オーナーの奥様が同行となり日本語でワイサックが楽しめました。普段は、表に出ずオペレーションをされている為、ワイサックにも参加したことなかったそうです。本当に私は当たりくじを引きました!

ワイサックツアー旅程

6:00~7:00にホテルにお迎え

相乗り車でお迎え。

ボロブドゥールエリアに宿泊していればお迎えのお時間は遅めと推測されます。

マリオボロ地区等のジョグジャカルタ中心地だと1番早い時間のお迎えかと。

8:30~ ボロブドゥール寺院観光

寺院の上層部分のストゥーパ。

壁面の彫刻レリーフ釈迦誕生のストーリー。

寺院を参拝している僧侶の姿。とても神々しい。

世界三大仏教遺跡のうちのひとつ。世界最大級のストゥーパ(仏塔)がある寺院。

階段を登りながら、建物の彫刻レリーフ壁画を鑑賞し、頂上のストゥーパの仏像を参拝。頂上に行くと山景色がとても気持ち良く、すがすがしいです。

この日は、タイからと思われる僧侶も参拝されていて、その姿が神々しく特別な日だからこその光景。

ツアーでは、ガイドによる彫刻壁画の釈迦生誕ストーリーについての説明付き。

通常は英語での説明です。

当日は滅多にない確率で、関西系のトーク力のあるオーナー奥様とご一緒だったので楽しく鑑賞できました。

10:15~ ムンドゥッ寺院観光

この寺院の建物の中に美しい釈迦如来像があります。

大きなガジュマルの木付近で儀式が行われています。

ボロブドゥール寺院の東の約3km離れた場所にある小さな寺院です。

寺院堂内には、釈迦如来像等の仏像が美しい状態で3体有ります。

この日は、僧侶や信者毎の大規模な儀式が行われていました。

大人数でのお祈りの様子やガジュマルの木は迫力そのもの。

ジョグジャカルタ3回目にして初めての訪問で心躍りました。ボロブドゥール寺院に近いといえども、短い旅程だと主要な寺院と観光スポットに集約する為、いつも省いていたからです。ガジュマルの木がとても神秘的でした。

12:00~ 昼食

内容よりマノハラレストと書いていることが嬉しくて箱だけを撮影。

マノハラレストのインドネシア料理弁当。

ムンドゥッ寺院駐車場付近の屋外でお弁当を頂きます。

マノハラレストは、ボロブドゥール寺院すぐそばのホテル内にあるレストラン。

ホテル弁当なので、食べやすいインドネシア料理です。

13:30~ ボロブドゥール寺院までパレード参加

 

各団体ごとのパレードで雰囲気が異なり、迫力があります。

 

聖水をかけてくださる僧侶のパレードカー。

ムンドゥッ寺院からボロブドゥール寺院まで歩きます。

このパレードは僧侶との一体感が有り、とても高揚しました。

パレードで、聖水をかけてもらったのは良き思い出。

かなり歩くので、南国といえども歩くためのシューズで参加してください。

17:00~ ボロブドゥール寺院付近で夕景

タギの丘で夕刻の景色を楽しむ時間。

写真撮影や、その場所でそれぞれの参加者が自由に過ごします。

パレードと夕食の時刻までの良い休憩時間です。

屋内で日本人参加者と一緒に座って休憩しました。

18:00~ マノハラレストで夕食

 

ビュッフェで好きなものを皿にとります。右が白身魚のフリッター。

夕食はビュッフェスタイル。

私はバリ島の食生活だったので嬉しかったメニューは、白身魚のフリッター甘ソースがけ。

バリ島のビュッフェではほぼ出ないメニューです。

インドネシア料理は、ジャワ島ならではの料理や味付けがあり、食文化を楽しむことができました。

22:00~ ランタン上げ参加

 

奥にライティングされているのはボロブドゥール寺院。

 

4人1組でランタンを組み立て火を灯します。

 

火を灯すと上空へ。幻想的な世界。

ワイサックのメインイベントといっても過言ではありません。

4名1組でランタンを広げ、火を灯して、願いと共にランタンは上空へ舞い上がります。

その夜空は、幻想的。

ランタン上げに関しては天候に左右されます。

当日にしか催行可否がわかりません。

シンガポールから来られたカップルとワイサックツアーで1日ご一緒した日本人参加者とランタンを飛ばしたのは一生の思い出。面識のない参加者と同じ感動を味わえるのは旅の醍醐味ですね。

00:00~ ホテルへ

楽しすぎた帰路。

1日一緒に過ごした多国籍の参加者と乗り合い車で帰るので、和気あいあい。

私は、この日は空港近くのホテルだったので降車は後ろから3番目。

残り2名は、ジョグジャカルタ中心地の宿泊参加者でした。

ワイサックツアーに参加するには何日必要?

最低で現地のジョグジャカルタに2泊3日必要です。

インドネシア在住だと3日間の休暇があれば参加可能。

日本からは、経由便でジョグジャカルタへ向かうので、最低でも合計6日間の休暇が必要です。

ツアーで同じだった日本人参加者は、このイベントのために有給休暇で日本からジョグジャカルタへ旅行に来た人もいました。

参加者の傾向

相乗り車は、女子1人旅行者がグループされていました。

日本からの女子1人旅2名と、欧米人の大人な女子一人旅複数。

1日を一緒に過ごすので、話し相手もいて楽しくて有難かったです。

パレードの距離、早朝・深夜の送迎、トイレが自由に行ける環境ではないので大人向けツアーといえます。

日中は、お子様連れを見かけることはなかったです。

Javanava Travelcafeさんは夜のランタンのパートから参加できるツアーもあります。

お子様連れはランタンのパートでみかけました。(但し、トイレはすぐいけません)

ベストな宿泊先

朝から夜遅くまでの為、ボロブドゥール地区で2泊連泊で宿泊するのがおすすめ。

朝はゆっくり、夜は遅くなりすぎずに過ごすことが出来ますよ。

インドネシア在住者だとできるホテル選び

私は、ボロブドゥールエリアで2泊していません。

1泊ずつホテルとエリアを変えての宿泊をしました。

その4つの理由は、

  • 1泊目チェックアウト後に、1日中荷物を持ち歩いても平気な在住者の荷物量。
  • ツアーに送迎が付いている。
  • 1泊目はボロブドゥール寺院から離れすぎずお値ごろな良いホテルに泊まりたかった。
  • 2泊3日目は空港まで行く距離を短く、安定クオリティのメリア系列ホテルに泊まりたかった。

3回目のジョグジャカルタなのでホテルは最初から決めていて、「ハイアットリージェンシー ジョグジャカルタ」と、「インサイド バイ メリア ジョグジャカルタ」に宿泊。

両ホテル、周辺に何もないことを事前に理解していた上で泊まりました

ホテルおこもりステイまで堪能したので、いつの日かホテルも記事にしたいです。

最後に

私は現在、日本在住でが、また必ず日本から参加したい美しいツアー。

記事は、2019年に参加した内容となります。

現在は、ボロブドゥールの村を訪問しながらワイサックツアーに参加できるようなものもあります。

今年の開催に関しての詳細は、ツアー会社やワイサック関連のウェブでご確認ください。

おすすめの美しく感動的なツアーですので是非、足を運んで下さい。

最後までお読みくださり有難うございました。

Have a nice trip!

Kuny

💛Twitterは主にバリ島への想い&京都。フォローしてくださると励みになります💛→@ubadhealing

コメント

タイトルとURLをコピーしました